木の飾り

治療用特殊食品の使用は低たんぱく食事療法の基本

腎臓病宅配食についての詳細情報を求めているなら、腎臓病宅配食についてまとめている限定サイトにお越しください。本当に貴重な腎臓病宅配食の情報を、どんなウェブページよりもきちんと閲覧することができるはずです。

木の飾り
腎臓病の食事制限を助ける宅配食サービス >> 治療用特殊食品の使用は低たんぱく食事療法の基本
木の飾り

CKD治療の柱は薬物治療と食事療法

CKD治療の柱は薬物治療と食事療法になり、前向きにこれらの管理を行うことでCKDの悪化を抑制できます。食事療法に肝心なのは減塩と蛋白制限であり、減塩食については、高血圧の治療を容易にし、蛋白制限食においては腎機能の抑制についてよい結果が得られています。

CKDステージ3の場合、理想とされているのが減塩が一日6g・蛋白制限が体重1kgに対し0.6g、これは日本人の平均的な塩分・蛋白摂取量の約半分であるために、日頃の食事よりも蛋白制限食は美味しくない、カロリー摂取が満たされないなどで、実施に及ばない方も多々見かけます。一日の食事の種類や量についてや、また献立の工夫や、各々に応じた食塩の抑え方などを指導します。

治療用特殊食品の使用は低たんぱく食事療法の基本となりますので、それに必要な紹介や説明もしていきます。

それぞれの患者さんが、実際どれほどのたんぱく質や食塩の摂取量を確かめます。1日24時間の蓄尿の検査から計算します。尿素窒素やナトリウムが尿へ排泄されるので、一日分を調べることによって、たんぱく質や食塩をどのくらい摂っているかがわかります。食事で摂取したたんぱく質は、体内でエネルギーに転じますが、ある程度は老廃物となり血液中に蓄積します。血液は腎臓に運ばれて濾過された後に、残った老廃物は尿と共に体外へ出されます。

たんぱく質を摂れば摂るほど、老廃物が増える事になるため、腎臓への負担が増えてしまいます。

正常な腎機能であるために、日頃からたんぱく質の摂取量には目を配る必要があります。とは言え、たんぱく質は人間の体にとって大切な栄養素であるため、不足しないように補給する必要があります。慢性腎臓病に関しては、腎臓の機能が明白に改善することは少ないので、だんだんとカリウムの排泄能力が低下していくことが多く、排泄能力を補うためにカリウムの摂取と排出のバランスが重要となり、排泄されるカリウムの量に応じて、摂取量を減らすことが肝心です。

市販の野菜ジュースは、野菜や果物を濃縮したものなので、加工していない生の野菜や果物よりも多量のカリウムが含まれています。

仮に、腎機能が正常に働いていない患者さんが、普段からよく野菜ジュースを飲んでいると、さらに高カリウム血症の症状が顕れるおそれがあります。

腎臓病に罹患した方の増加が、近年問題になっています。尿をつくる臓器である腎臓は背中に左右一つずつ存在し体の中で不要となった老廃物を体の外に出したり、電解質の安定を維持したり、血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧の調整や赤血球の生成にも関わり、私たちの体内でたいへん重要な機能を成しています。

言うまでもなく、腎臓の治療は病院を来院し薬を飲んだり注射をしたりすることが大事ですが、普段から、規則正しい食事や生活を送ることが必須です。肉・魚・卵・豆腐に関しては中々のたんぱく質が含まれていますし、食べ過ぎに注意が必要な食品です。

甘いものには意外に多くのたんぱく質が入っていたりします。お菓子は小豆や牛乳・卵を活用して作られているので、エネルギー補うためとは言え口にし過ぎれば、たんぱく質の過剰摂取になります。

例を挙げますと、ドーナツ1つ当たりには卵1個に近いたんぱく質が内包されています。

水に溶けやすい性質を持つカリウムで野菜・芋類は小さめに切ってから茹でこぼし又は水さらしを施してから調理を行いましょう。

茹でた場合に除去できるカリウム量は、食品の分類や調理を実行する際の形状・水の量・処理時間によっても異なります。

一般的にはほうれん草等の葉物野菜だと45%、いんげん等の未熟豆類で30%近く除外可能です。細かくカットする、茹でこぼしを怠らない、きっちり搾る等手を加えれば、その分効力は発揮されます。

腎臓病の食事療法の目的は、腎臓病の悪化を食い止める事と、良好な体調の存続です。透析開始前の俗に言う保存期に当たる方なら、食事療法次第で腎不全の進行ペースを抑えられ、透析を始める時期を遅くしていけます。

また、透析導入後も、体調を維持しながら透析に当たるために、食事療法は必要不可欠です。人体におけるいわゆる3大栄養素が糖質・たんぱく質・脂質になります。

糖質と脂質は体内で燃焼されてしまえば水と二酸化炭素に変わるので、腎臓や肺にいつまでも残留する事はありませんが、たんぱく質の場合分離されれば約7〜8割が窒素を有する余計な老廃物に変移するため、排泄のタイミングで少なからず腎臓に負担が出ます。

この事から、たんぱく質の摂取量には注意する必要があります。健康体であるための最低限のたんぱく質摂取量は体重1kg当たり0.6g/日求められ、一日分に変換した場合30〜40gとなります。

現在推奨されているタンパク摂取量は、標準体重あたり1kgにつき0.8g程度になります。

標準体重が60 Kg前後程度だとすると、蛋白摂取量は、一日におおよそ50g必要となります。例えば、食品に含まれる蛋白の量を知りたいときは食品標準成分表で探してみて参考にするとよいでしょう。

栄養士からの食事指導で、これらの蛋白量に関する自分なりのアイデアを取り入れることも可能です。

開業医さんで食事指導を受けられないときは、腎臓内科を併設した病院を紹介してもらって、そこで専門的な意見を伺うこともよいかと思います。

関連記事

木の飾り
木の飾り
Copyright (c) 2017 腎臓病の食事制限を助ける宅配食サービス All rights reserved.
木の飾り